セフレ募集をしていた頃の成功談と失敗談を書いていく

今は結婚しているのでやめていますが、それまではよくセフレ募集をしていました。
ちなみに使っていたサイトは出会い系やSNSで、使うサイトによって会えるタイプも異なっている感じです。もう少し具体的に言うと、出会い系のほうがセフレ探しも成功しやすいですね。

ネット上にはセフレ募集に関する魅力的な体験談がいくつもありますが、どんな人でも多少の失敗は経験しています。成功談ばかり見ていると「セフレ探しって簡単に成功するの?」と勘違いしそうですが、成功談を書いている人も大抵は失敗を経験しているでしょう。

私も結婚前はかなりの回数を遊んできましたが、成功だけでなく失敗もそれなりに重ねました。成功したときのほうがいい思い出を作ることができましたが、人間は失敗しないとなかなか成功に繋げることができないため、今考えると失敗は必要だったのだと思います。

なので、今回は私の成功談と失敗談の両方を書いていきますので、これからセフレを探そうとしている人は参考にしてください。成功談もそうですが、失敗談もなかなか役立つと思います。

まず失敗談としては、『SNSで知り合えた子が実は宗教勧誘だった』というものです。その子はやけに会いたがるし、エッチな話をしてもあまり嫌がらないので、「これはセフレにしやすいかも…」とかなり期待していました。

しかし、会ってみると本性を現し、幸せになる方法やらありがたい話やらを聞かせてきまして、げんなりしつつ聞き流していました。最近の宗教勧誘ってなりふり構っていられないのか、女性信者を使って男を釣るみたいです。

同じように、『SNSで会いたいと連呼していた子がマルチ商法の勧誘だった』なんてこともあります。宗教勧誘と同じく、会うまではそういう話題についても伏せており、ちゃんとした女性だと思わせるのが上手かったですね。

こうした失敗を重ねることで、私は『SNSは無料で使える分、詐欺や勧誘が多くてアテにならない』という事実を知ったのです。それからは有料の出会い系でセフレ募集をするようになり、成功率もアップしました。

最初に知り合えたのは同年代のOLでしたが、仕事終わりに会ったらすぐにセックスをさせてくれました。相手もたまっていたのか、仕事終わりだというのにいろいろと元気で、終電ギリギリまで遊んだのです。

また、出会い系には人妻も多く、私も既婚の女性と遊んだことがあります。人妻の体は独身の女性よりもエロく見えて、すごく興奮しました。

以上が私の体験談となりますので、参考にしてください。