出会い系で知り合った人妻に頼まれてフェラの練習台になりました

私が出会い系で知り合った人妻のC(仮名)は、ちょっと変わった人だと思います。かなり尽くすタイプで旦那のことを愛しているから、私とはセフレみたいな関係ではありません。ただ、練習台ということでいつもフェラをしてくれており、これだけでも十分気持ちよかったです。

なぜセックスはしないのに、そんな関係になってしまったのか?それはCが「セックスのとき、あまり旦那が喜んでいない気がする…」と悩んでいたからですね。出会い系では顔が見えないせいかこういう話をする人も多く、私も人妻の性事情は多少気になりました。

ただ、Cは旦那を愛していると書いているように、最初からセフレを探していると言っていたわけではありません。あくまでもここでは話し相手を探していたわけでして、私は年齢も近いからということで気に入られていたのです。

私も人妻のセフレが欲しくて出会い系を使っていたわけじゃないから、Cを積極的に誘うこともなかったのですが…あるとき、Cから「フェラチオの練習がしたいから、相手をしてくれないかな?」なんて連絡が来たら、セックスのお誘いだと思ってしまいますよね?

しかし、Cはフェラの練習だけがしたいようで、「あ、セックスはダメね!あくまで口だけ!」と念押しをしてきました。Cとしては口だけ、それも練習ならば浮気にならないと思っているらしく、旦那を失望させないためにも練習台になってもらいたいのです。

それなら旦那にお願いすれば…と感じるでしょうが、女性は好きな相手のことになったら周りが見えなくなるのか、良くも悪くも手段を選ばないのですね。つまり、『好きな人にがっかりされるくらいなら、ほかの男で練習したほうがいい』と考えるのです。

突拍子もない申し出に私も少し返答に困りましたが、結局は会うことにしました。やはり出会い系で人妻と話していたら「この人とセックスできるかなぁ」なんて考えてしまうのが男でして、口だけとはいえ抜いてもらえるのはうれしいのです。

そしてCにフェラをしてもらったわけですが、最初のうちは上手いわけがなく、勃起するので精一杯という感じでした。しかし、Cは本当に旦那に喜んでもらいたいのか、毎回上達していきまして、最終的には口だけで抜いてもらえるほどに成長したのです。

その後、旦那にしてみたら喜んでもらえたようで、私に感謝してきました。私としては無料で女性の口が楽しめたので、むしろこちらが感謝したいところですが…これも役得として受け取ることにしたのです。